2013/03/31

宇宙の森で学ぶこと その4 「子育てについて」

“宇宙の森”での学びの中で最も大切にしたい事は子育てです。赤ちゃんにとって一番必要なものは母の愛であり、赤ちゃんに愛を与える時に大切な事は母の心の安定です。母の心の安定には夫の愛がとても必要になってきます。妻の不安を慰め、励まし、力づけて安心に導くことが夫の最大の役目なのです。この事さえ夫が心がけて下されば、妻はたくさんの愛を子供に与える事ができます。

「イクメン」などという言葉が流行しておりますが、ミルクを与えたりオムツ替えを手伝うよりも何よりも、“妻の心の安定”に心を配ることが大切な事なのです。赤ちゃんがまだおなかにいる時からこの事を気をつけて頂きたいと思います。おなかの中の赤ちゃんに話をする事、絵本を読んであげる事、音楽を聞かせてあげる事など、とても大切なことなのです。
赤ちゃんがおなかにいる間は皆天才だといわれています。十月十日という日々はとても大切な時間なのです。声を一杯かけられた赤ちゃんはとても心が安定していますので、必要な時しか泣かないとも言われています。とても楽しい育児になります。

胎教の大切さは子供が授かる前に学んでおくべき事だといえます。胎動を感じるようになったら、赤ちゃんと会話を楽しむことが出来ます。まず、おなかに手を当て「ここを蹴ってごらん」と言います。触れた位置を蹴るようになったら会話が楽しめます。色々な事を質問してみると楽しいですよ。胎児の時からしっかりとコミュニケーションがとれていると、誕生後もとても親と子の心の絆が深まるといわれています。

赤ちゃんの時から絵本を読んであげるのはとても良い事だといえます。日本の昔話は、日本語で書かれた聖書だともいわれており、昔話の中には心の教えがたくさん入っています。
二歳の頃までの赤ちゃんは、お母さんに抱っこされたり、おんぶされたり、遊んでもらったりなど、スキンシップをする事によって愛情を確認します。

二歳を過ぎるとお母さんの姿が見えなくなっても少しづつ遊べるようになってきます。それはお母さんの愛情を「心」で知るようになるからです。しかしまだ長くは遊べません。不安になったり危険にあったりするとすぐにお母さんを求めます。そんな時抱きしめ励ましてあげると、暖かく見守られている事がわかり、また勇気を出して遊びに出ます。こうして「心」と「心」の結びつきが強くなると、遊ぶ場所もより遠くへ広がり、長い時間遊べるようになってきます。

なんでも自分でやりたがる反面、いきなりお母さんに抱きついて離れない事がよくあります。まだ不安で一杯なのです。お母さんに抱きしめられることによって愛情を確認し不安を解消して自立心を強めてゆきます。充分なスキンシップのもとに豊かな愛情で結ばれていれば、反抗も少なく多難な二歳代を楽に乗り切る事ができます。
この時期は、何でも自分でやってみたいという時期なので、「お母さんのお手伝いができた!」とか、「みんなに喜んでもらえた」という充足感や満足感を味わい、「ありがとう」と褒められる事がとても嬉しいのです。ですから、精一杯ほめてあげることはとても大切です。

お母さんやまわりの人達の優しさあふれる言葉によって、幼い心はますます輝いていきます。
「三つ子の魂百まで」という言葉がある様に、この時期に、褒めて、認めて、愛するという事がとても大切なこと、三つ子の時期にたっぷりとスキンシップをする事が大切です。それは一生を左右するくらい大切だという事を、先人は教えてくれていたといえます。親はわが子を一人前に育てる義務があります。これは人生の中の何ものにも優る大事業です。

子供は、まず親から人間の心、人間としての行き方、人間らしさを学び、習得します。親がいつもイライラとして怒鳴ったり叱ったりすることが多ければ、子どもは寡黙になったり愛情不足によって狂暴になったりします。そのくらい親の影響は大きいのです。そして、子どもは絶えず親に気に入られようとしています。また、そういう意識が強く働いています。親が「この子は悪い子だ、困った子」と思っていても、子どもの方では親に気に入られようと思って一生懸命なのです。「気に入られよう」 という心は 「認めてほしい」 という人間の基本的欲求なのであり、これは年齢に関係なく色々な型で出てきます。それを親の一方的な考えで無視したり、禁止や制止したり、気づかれなかったりする事で意欲を無くしてしまいます。

気に入られようとして行った行為には、その場でまず「ほめる」ことです。「ありがとう」「よかったね」「よくできたね」といった褒め言葉がいつも出るように心がけたいものです。そのように接すれば、子どもからも「ありがとう」の言葉が生まれ感謝の心が育ってゆきます。

もう20年ほど昔のことですが、子供が三歳の頃、「子育ての勉強会」に私が参加した時のことを思い出します。その時の講師の先生のお言葉です。

皆さんのお子さんたちが成人する頃、世界は大きな転換期を向かえます今は学校の勉強ができて一流大学に入り大企業に入ることがエリートといわれておりますが、その頃は心の健康な人がエリートといわれる時代になります。

・・・今、本当にその通りになってきている事に気づきます。
もう心の時代に入っているようです。
“子育て”、これはもしかすると人類最大の学習科目なのかもしれません。





この事を共有できる皆さまと結ばれます事を心より祈っております。
お読みいただきありがとうございます。

宇宙の森で学ぶ事 その3 「結婚について」

“宇宙の森”では結婚についても考えます。

古いシステムの中での結婚は、
すべてが愛に基いたものではありませんでした。

それは、結婚という制度の中にあるしくみや社会的立場に基づく結婚の存在があったからです。この事が家庭の中でたくさんの不調和を産み出し、そのまま社会全体の不調和へと拡張してきたのです。

これからの結婚は、愛に基づく“結魂”であって欲しいと願います。表面的で偽りの人生にならないためにです。

互いに尊敬し、男性は女性を守れるか、女性は男性を大切に思えるかが大事なポイントであるように思います。社会の最小単位を成す“夫婦”。夫婦が調和をしていれば、これといった躾をしなくても子供は良く育つといわれています。

現代の子供たちが背負っている様々な問題の事を思うと、結婚を考える前に“結婚”そのものを学ぶ必要があるのではないでしょうか。




この事を共有できます皆さまと結ばれます事、祈っております。
お読みいただきありがとうございます。

宇宙の森で学ぶこと その2 「私たちは神である」

宇宙の森で“私たちは神そのものである”という事を学びます。そのためには、まず原子の構造について知る必要があります。一つの原子は、陽子(プロトン)、中性子、電子(エレクトロン)からできており、陽子は陽のエネルギーを持ち、電子が陰のエネルギーを持っています。

陽極と陰極は互いに引き合います。電子は陽子の周囲をすごい速度で回っています。電子と中性子は、ちょうど地球や他の惑星が太陽のまわりを回転しているのと似たような形で陽子の回りを回転している、つまり、原子は微小な太陽系なのです。そして、そこにはある種の力があって、この小太陽系が回転できるように一種の結合要素としてその力は働いています。

そのエネルギーを私たちは“神”と読んでいます。
愛と調和のエネルギーです。このエネルギーが宇宙のすべての事物を司っています。

源は二つの極から成っており、その二極は私たちの原子レベルで存在し、二極を調和させるエネルギーも原子の中に存在しています。このことが解かると、私たち一人ひとりがいかに創造主に愛され創られた尊い存在であるかがわかります。私たちの身体の中には神のエネルギーが満ち満ちています。私たちは神そのものなのです。一人ひとりが宇宙なのです。




このことを共有できる皆さまと結ばれます事、心より祈っております。
お読みいただきありがとうございます。

宇宙の森で学ぶこと その1 「暦について」

“教育センター宇宙の森”では、まず暦について学びたいと思います。現在、人類は人口のサイクルともいえるカレンダーの影響を集合的に受けています。しかも多くの場合、その事には自覚がありません。人間の様々な活動は意識の深いレベルでこの人工リズムの影響を受け、その結果として、もともと自然界にはなかった「しくみ」を現在作り出してしまっているのです。

今、私たちが使っているグレゴリオ暦は人工時間です。グレゴリオ暦は、12や60といった数を基準にする時間の区切り方が基準となっています。一方、13:20はマヤにひとつの由来を見ることが出来る時間の区切り方で、惑星運動等自然のリズムに基く普遍的な時間(周波数)を意味しています。

「13の付きの暦」には、使用者がこの13:20の周波数に同調できるよう様々な工夫が凝らされています。さらに、13:20はマヤ暦の中の一つであるツォルキン暦(神聖暦)そのものが示す周期です。ツォルキンは260日(13×20)の暦で、マヤでは神聖な様式の取り決めの為に使われていたといわれています。アグエイアス夫妻によれば、この暦こそ銀河の周波数13:20に同調するための(調整装置)で、これに完全に周期することで真の四次元の時間を体験できるようになるといいます。

「13の月の暦」を使用していく目的の一つは、グリゴリオ暦からこのツォルキンへと意識をスムーズにスライドしていくことでもあるのです。自然の周期を知り、その性質を理解することができれば、心身のバランスを上手にとっていくことは誰にでも可能になると思われます。

「13の月の暦」で日付を意識していくことは、より根本的に生体リズムを整えていくことにつながります。「13の月の暦」を使っていくと、時間というものを通じて心の深い領域に働きかけていくことがわかるようになるからで、これはとても情味深いことだと思います。

まずは、ひと月28日のリズムを味わってみることから始めてみたいと思います。太陽と月のリズムを身体に刻み込んでゆくイメージです。少しづつ人工時間から自然時間に心身を移行してまいりたいと思います。



この事を共有できる方々と結ばれますことを祈っております。
お読みいただきありがとうございます。

 
 
※「宇宙の暦は13ヶ月」小原大典著を参考にさせていただきました。

2013/03/13

2013年 聖なる旅の物語

2013年3月8日、私は大切なお友達に会いに旅に出ました。旅に出る朝、出発直前に得たメッセージは「生命エネルギーの観点からいくと、神社には男神と女神と両方おまつりされるべきである」ということでした。このメッセージが今回の旅にとても大切な意味をもたらしてくれることになったのです。

そうして私の聖なる旅は始まりました。目的の駅に着くと、まず最初に熊野座神社に案内して頂きましたが、神社の右手の地面にはメビウスの輪が描いてあり、私たちはそこにある指示通りに四回動き「清め給え、守らせ給え」と言葉を述べ参拝させて頂きました。

参拝を終え、次に市房山へ向かいながら三合目で車を降り二十分程歩くと大きなイワクラが見えてきました。その岩には、おそらく女神を意味するペトログラフが刻まれていたのですが、熊野座神社で男神様、市房山で女神様にお会いする事ができたようで、朝のメッセージの意味が理解できたのでした。

宿に着くと山の幸一杯の心のこもった夕食が用意してありました。そのお陰様で心身がエネルギーに満ちたところで、早速この旅の大切な目的でもあるマインドマップの作成に二人で取り掛かりました。

タイトルは「仁愛神政(みろく)の世実現の為に必要なこと」。ブレーンストーミング方式をまとめていくと、仁愛神政の世実現の為に大切な事は “仲間”、“智恵”、”道具”、であるという事にたどりつき、素晴らしい魂を持つ仲間と智恵を出し合い、道具を使って音楽や美術を楽しみ、歌い、踊り、笑い、美しい言葉のエネルギーを使い、祈り、感謝の日々を過ごす場を創造したいという思いが心の底からわきおこりました。

その場には、美しい森があり、森が澄んだ空気をつくり、清らかな水が流れています。そこで私たちは朝日を拝し、夕日に感謝を捧げるのです。夜空には月や星が輝いています。宇宙に満ち満ちているエネルギーを地球に降臨させるビジョンを描くことができました。

そしてこのような生活をするのに必要なことは育みであるという事に結ばれたのでした。まずは教育の場づくりが仁愛神政のためには必要ではないか、「教育センター宇宙の森」という名称はどうだろうかということになり、こうして私たちは明確に学びの場をイメージすることで楽しい時間を過ごしたのです。

明確にイメージできた事は叶うといわれています。

次の日案内されたのは天文台でした。とても眺めのいい場所で、UFOを呼ぶにはこれ以上の場所はないと思われる場でした。そこでしばらく景色を眺め紅茶を頂き、とても満たされた気分でした。このような素敵な場所で星を見る事ができたなら、思いはすぐに宇宙に届き、天の存在とコンタクトできるような気がしたのです。

その後、美術館に行き美しい絵を見せて頂いた後、帰りの電車の時間も近づき、最期に訪れたのは老神神社(おいがみじんじゃ)。鬼さんが守っておられるその神社の奥におまつりしてあるのは弁財天。最後に女神様に感謝を申し上げ、参拝を済ませてもう少し時間があるので夕食のために小さな食堂に入ることに…。


そこで何気なく上を見ると、青井神社のお札を中心にして左に出雲退社、右に伊勢神宮のお札がおまつりしてある珍しい光景が目がとまりました。そこに流れていた気は、まさに出雲と伊勢の統合のエネルギー、辺りいっぱいが白い光につつまれているかのような感覚を覚えたのです。

不思議な感覚を後にして夕暮れの後の空を見上げると冬の大三角形を見る事ができました。するとその瞬間にシリウスからUFOが出てきたのです。その光はメビウス上に動き、すぐにシリウスの星の光の中に戻っていきました。生まれて初めてのこの体験により、今回、いえ、今までの人生すべてをシリウスの方々に見守られていたという直感が全身を突きぬけて、なんだか祝福を受けているかのような感激で胸がいっぱいになりました。

その感激の余韻も醒めないまま家に帰りつくと、しばらくして息子がメキシコ旅行をされた先輩からのおみやげを持って帰ってきました。それはククルカンのオブジェでした。もうすぐ春分、この旅の最後に、神様はククルカンのオブジェという形でメッセージを下さったように感じられました。

2013年、大切な年。
近々、このオブジェをもたらされた意味が解けるのではないかとわくわくしています。

創造の時を生きる喜び。
共に分かち合える皆さまと結ばれます事、祈っております。

お読み頂きありがとうございます。

君が代

君が代は 千代に八千代に 
さざれ石のいわおとなりて 苔のむすまで

この歌詞は、今から約一千年前 
醍醐天皇が紀貫之に命じて編集させた日本最古の歌集
「古今和歌集」 巻第七賀歌の部
第三四三番 詠み人知らず 
として掲載されている
「わが君は 千世にやちよに さざれいしの いはほとなりて こけのむすまで」 がルーツです。長寿を祈り願う祝い歌として人々に広く愛唱されていったものです。

イギリスの国歌を見てみますと、
「おお神よ 我らが神よ 敵をけ散らし降伏させ給え 悪らつな政策と奸計を破らせ給え
 神こそ我らが望み 国民を守らせ給え」 となっております。

また、中華人民共和国の国歌は、
「立て 奴隷となるな 血と肉をもて 築かんよき国。 立て!立て!立て!心合わせ、敵にあたらん、進め、敵にあたらん。進め、進め、進め、進めよや」 というものです。

二つの国歌とも戦闘的であります。

日本の国歌の品の良さがおわかり頂けると思います。日本国が末永く平和で、国民が幸せであって欲しいとの願いが込められた素晴らしい歌を国家として頂けていることに幸せを感じます。

卒業式にふさわしい国歌であるのに、何を反対されるのでしょうか。戦争と結びつける必要など全くないと思います。戦争とは反対の平和的な歌詞です。百歩譲って軍部に悪用されたことは認めるにしても、それは悪用した軍部が悪いのであって「君が代」という歌には何も罪はありません。

日の丸という国旗があり、君が代という国家があるという事は、国があるということなのです。

卒業式の季節です。厳かな曲が静かに体育館に流れますと、身が引き締まる思いが致します。
日本に生まれた幸せを感じます。


この思いを分かち合える皆さまと結ばれます事、心より願っております。
お読み頂きありがとうございます。